この度、昭和45年電気工学科卒業(1期生)の寺前一成様が所有されていた初代校長の内藤敏夫先生の書が学校に寄贈されることとなり、令和2年12月1日(火)に高専校長室でその受け渡しが行われました。

この書は、寺前様が学生時代に内藤先生からいただいたもので、寺前様のご祖父様が黒竹を細工されてお作りになった色紙の上に、「以和為貴 梅園内藤敏」と書かれています。この内容について、寺前様から「梅園内藤敏」は内藤先生の雅号で、「『以和為貴』とは聖徳太子の十七条の憲法の第一条にあるもので、『人の考え、意見をよく聞き、話し合って物事を進めなさい(解決しなさい)』という意味で『わをもってとうとしとなす』と読む」と内藤校長先生から教わったエピソードが紹介され、この教えは、寺前様の座右の銘とされていらっしゃるというお話がありました。また、「1期生がこの学校の校風を作るのだからしっかり勉強してほしい」と内藤先生から言われていたこと、部活動の始まりはグラウンドの石拾いからだったこと、高校野球連盟への加盟を校長室まで直談判に行ったことなど、内藤先生との数々の思い出が紹介されました。寺前様はその後、企業で働きながら、テクノポートを中心とした福井県の産業振興にもご尽力されたとのことでした。

現校長の田村先生からは、寺前様のような第一線で活躍されてきた卒業生の方から、学生に向かって話をしてもらう機会を増やしていきたいことや、卒業生との縁を活用して、県内の特色ある技術を持った企業との連携を強めていきたいといったお話がありました。

なお、寄贈された書は、福井高専図書館入り口前に掲示されています。

内藤先生の書を囲み、思い出などを紹介する寺前氏

前列左側が田村校長先生、右側が寺前氏、後列左側が進和会事務の西、右側が寺前氏と同級生で進和会役員の山本氏